両刃皿錐の紹介

   鉄工用

M型×A型をセットした状態 M型×A型を分解した状態
メニュー トップぺージ 会社概要 商品の紹介 問い合わせ
両刃皿錐サイズ表
M型外径ミリ×A型外径ミリ シャンク 品番
9 × 3 ストレート 021130
10.5 × 4 ストレート 022140
9 × 3 六角 021030
10.5 × 4 六角 022040
トップページへ     商品紹介に戻る

<特長>

両刃皿錐は中ドリル(A型)と外ドリル(M型)そして保護キャップの3点で成りたっており、下穴と皿取り加工が同時にできます。外ドリル(M型)は両側に皿錐刃がありますので一方が磨耗しても、反対側の刃を使用することで二倍の耐久性があります。
中ドリルは六角シャンクとストレートシャンクがあります。また、中ドリルだけも別売してます。
保護カバーは外ドリルの使用してない刃の保護と中ドリルを差し込むときのガイド役とを兼ねております。